高齢化社会の今の日本、介護福祉士が注目を浴びています。いったいどんな資格なのか調べてみました。

持ってても邪魔にならない介護福祉士
持ってても邪魔にならない介護福祉士

介護福祉士はどのような資格なのか

持ってても邪魔にならない介護福祉士
介護福祉士とは、介護の専門知識や技術を持ってなんらかの障害があって日常生活を営むのに支障がある人の介護を行うことを業とする者をいう、と定められていて立派な国家資格の一つなのです。介護の世界は厳しいと言われますが、こういったプロがいるからこそ成り立っているのです。資格を持っているのと持っていないのでは違いがあるのでしょうか。

まず介護の資格にはこの介護福祉士以外にもヘルパーなどがあり、資格がなく未経験でも働ける職場もあります。ですから介護現場で必ず必要になるといった資格ではありません。主な介護施設はやはり特養や老健など福祉施設でしょうが、他にも病院の看護助手や自宅への訪問ヘルパーなどたくさんあります。福祉施設では介護福祉士の人数によって加算があるので、こういった面からいってもある程度の人数は欲しいのです。技術面からいっても実技試験を通らないと合格はしないので、技術もお墨付き尾ということになります。未経験の職員が多い施設なんかでは職員の指導係りとして重宝されます。

また介護福祉士を持っていると別の福祉関係の資格取得への道も開け、自分のスキルアップにつながるのです。資格手当も付きますしけっこう役に立つ資格なのですよ。

おすすめ情報