介護福祉士の数が不足しています。人手不足を解消するには、待遇を改善し儲かる経営モデルを構築する必要があります。

持ってても邪魔にならない介護福祉士
持ってても邪魔にならない介護福祉士

介護福祉士の人手不足と改善方法

持ってても邪魔にならない介護福祉士
現在では介護福祉士の数が不足していると言われています。高齢化が進んでいるのに介護福祉士の数が足りないというのは心配になってしましますね。介護の仕事は感謝されるやりがいのある仕事なのですが、給料などの待遇があまりよくなく離職してしまう人が多いと言われています。最近では人材を増やし離職を減らすため待遇を改善しようという動きが出てきています。国も待遇を良くするようにという主張をしていて、これから待遇は少しずつ改善されていくと思います。

介護福祉士はこれから絶対に必要な人材であるため、できる限り早く人手不足を解消する必要があります。人手不足は人手不足を呼びます。人手が足りないと一人当たりの仕事量が増えます。仕事量が増えると負担が大きくなり離職してしまう人が増えます。悪循環になってしまいます。最近では悪循環を抜け出そうと介護報酬の底上げなど色々な動きがあります。

これから大事になってくることは新たな経営モデルを作り、介護事業が儲かるようにしていくことです。介護で儲けるというと否定的な意見を持つ人もいるかもしれません。しかしある程度儲からなければ、人手不足が続きサービスの質も低下してしまいます。ある程度儲かる経営モデルというのは全ての人にとって重要なことです。