介護福祉士というものは、意外と受験資格が厳しいものになります。ですから、注意しておくことです。

持ってても邪魔にならない介護福祉士
持ってても邪魔にならない介護福祉士

介護福祉士というものは

持ってても邪魔にならない介護福祉士
介護福祉士というのは、意外と受験資格が厳しいです。ですから、注意することです。介護の経験、というものが必要になります。それが三年です。これは家庭の介護でよい、というわけではなく、キチンとした施設での介護になります。当然のことですが、それを証明することにもなります。施設長なり何なりに証明してもらうことになります。ちなみに受験するときに満三年である必要があります。逆を言えば、満三年になる前から準備をすることができる、ということでもあります。ですから、早めに勉強して見ることをお勧めします。ちなみに、早めに勉強したほうがよいのは、これから内容が変わるからです。具体的にいいますと、2016年度から、450時間の研修が追加されることになります。これが途轍もなく面倒ですから、早めに受けたほうがよいわけです。

これから間違いなく介護福祉士というのは、必要になります。需要が増すわけですから、とにかく介護の仕事をしているのであれば、最低でも介護福祉士の資格を得た方がよいです。その後、ケアマネージャーなんかを目指すことがお勧めできます。それがベストな道筋であるといえますから、覚えておくことです。資格自体は難しいものではないのです。

おすすめ情報