介護福祉士の試験に挑戦しようとされている方のために、確実に合格に至るためのステップを紹介します。

持ってても邪魔にならない介護福祉士
持ってても邪魔にならない介護福祉士

確実に介護福祉士に合格するコツ

持ってても邪魔にならない介護福祉士
介護福祉士の試験に挑戦されようとしている方のために、必ず合格へ至る為の学習ステップを紹介したいと思います。期間は半年を想定しています。もし試験まであと2〜3か月というのであれば、過去問集を一冊購入し、一日で使える時間をすべて使ってこれを徹底的に繰り返し解いていってください。問題と解説が暗唱できるかもと自分で思えるくらいに、徹底的に繰り返して問題を問いて解説を読みます。本気で合格に集中するのであればこの方法をお勧めします。半年というのは、比較的余裕を持って試験に臨むための方法です。用意するのは過去問とテキスト。テキストはインターネットで調べられるのであれば不要です。最初の一週間は一日一問だけ取り組んでいきます。過去問の中から適当に問題を選んで、わからないなりにも解いてみて、正答をチェックし、解説を読みます。それでもわからないことがあれば、テキストやネットでチェックしましょう。

ポイントは「一日一問でいいけれど、絶対にやる」ことです。風邪を轢こうが冠婚葬祭が入ろうが、必ず一問やりとげます。一週間やりとげたら、ノートに「1週間達成!」と記録を残していくようにするとなお良いでしょう。最初の月のポイントは勉強の習慣作りです。次の週には「一日二問」、次の週は三問と週ごとに数を増やしていきます。予め忙しい週になりそうだと分かっている場合は、その週は数を増やさなくても構いません。こうして4か月間ごとに習慣作りにはげみます残り二か月は、最初に紹介したように、なるべく時間を取って過去問に当たることになりますが、習慣化されているため、特に苦労を感じることなく勉強を続けていくことができるはずです。

おすすめ情報