介護福祉士の資格というものは、受験資格がありますから、しっかりとそれを理解しておくことです。

持ってても邪魔にならない介護福祉士
持ってても邪魔にならない介護福祉士

介護福祉士の資格というものは

持ってても邪魔にならない介護福祉士
介護福祉士というものは、実は受験資格が意外と厳しいのです。その一つが、実務経験が三年以上、というものです。これがなかなか難しいものであるといえます。しかし、それでも試験前日までに満3年を満たせばよい、ということになっていますから、半年前から勉強するとして、要するに二年半でよい、ということになります。一年前からみっちりと勉強するのであれば、二年でよい、ということになります。つまりは、実務経験が三年に満たないときでも、勉強しておくことがお勧めできるわけです。それができるものなのです。ちなみに本当に実務経験があるのか、ということを証明する方法なのですが、実務経験証明書の提出をすることになります。証明者は当然のことであるといえるのですが、勤務している施設の代表者に証明をしてもらうことになります。そんなに難しいことではないですから、それは大変ではないです。

当然ですが、自己証明はできないようになっています。あくまで証明権限がある人にお願いしないといけないのです。ちなみに2016年度の介護福祉士の試験から、450時間の研修をすること、ということが受験の資格に加わります。今のうちに受験したほうがよいです。