介護福祉士の仕事内容と教育内容と言うものは、要するに介護全般になります。これから需要が増します。

持ってても邪魔にならない介護福祉士
持ってても邪魔にならない介護福祉士

介護福祉士の仕事内容と教育内容

持ってても邪魔にならない介護福祉士
介護福祉士というものは、資格が必要になります。仕事内容としては要するに介護なのですが、非常に大変なものです。まず、学ぶことなのですが、明確に教育内容が決まっています。人間関係とコミュニケーション、そして、当然のことですが、介護の基本も学ぶことになります。そして、相手とのコミュニケーション能力も必要になります。生活支援技術も学ぶことになります。そして、当然のことではありますが、介護実習もやります。但し、そもそも介護福祉士の受験をしようとする人は、実務経験があることが多いです。絶対、というわけではないのですが、実務経験三年、というのが一つの受験資格になります。ですから、あまり介護実習は難しいものではない、ということになります。ですから、その点はそんなに心配しないでよいです。

それと何でも介護すればよい、というわけではありませんから、そのあたりのバランスについても学ぶことになります。実は受験資格自体があれば、そこまで大変ではないのです。合格することは難しいことではないのです。しかし、それでも増えないのです。人手不足なのです。これからが期待されるものではありますから、お勧めできます。目指してみることです。