介護福祉士というものは、とにかくこれから需要があるものですから、介護の仕事をしているならば目指すことです。

持ってても邪魔にならない介護福祉士
持ってても邪魔にならない介護福祉士

介護福祉士というものは

持ってても邪魔にならない介護福祉士
介護福祉士というのは、非常に人手不足な状態であるといえます。しかし、それでも注意するべきことがあります。目指すことはよいのですが、非常に薄給であることでも有名です。そして、仕事は大変です。東南アジアから研修生を引き込んで介護士にしようとしたことがあるのですが、ほぼ失敗しています。とにかく大変な仕事だからです。ですから、これから介護士を増やす方法というものは、実はいくつかに限られています。一つは、給料を増やすことです。辛い仕事であっても、給料が高いのであれば、やろうとする人は多いです。しかし、それがなかなか難しいことではあります。介護の報酬というものは、保険に頼っている割合が強く、国がその報酬を高くする、ということをしない限りはなかなか増やすことができないからです。それこがこれからの課題の一つです。もう一つは社会的に介護関係の仕事を優遇することです。

税金の軽減、社会福祉の優遇なんかをすることによって、介護の仕事を就くことにメリットを感じればやる人は増えます。それでも介護福祉士というのは、実務経験が三年、という受験資格が必要になりますから、それでも急激に増やすことはできないのです。しかし、仕事としてはこれからが期待できます。

おすすめ情報