介護福祉士というものは、とにかく需要がある仕事ですから、基本的にはよい仕事、資格ではあります。

持ってても邪魔にならない介護福祉士
持ってても邪魔にならない介護福祉士

介護福祉士というものは

持ってても邪魔にならない介護福祉士
これから介護業界というものは、確実に伸びることがわかっています。ですから、今のうちに資格を取得してしまう、ということはよいことです。需要が極まったところで自分を高く売ることができるのです。しかし、それでも注意することがあります。それは介護福祉士は国家資格であり、そして、実務経験三年、という受験資格があります。つまりは、簡単に受けることができる資格ではない、ということです。ですから、それこそ、本格的に介護の仕事をしている、ということがある意味では条件になります。介護系の学校を卒業している、ということも受験資格になります。しかし、こちらは相当の費用がかかるわけですから、基本的にはそこまでお勧めできることではないのです。ですから、出来るだけ簡単に取得するためには、三年、介護職として働くことです。

簡単、といってもお金がかからない方法、という意味です。ちなみに介護福祉士になっても仕事を辞めてしまう、ということがよくある職種でもあります。何故かといいますと給料が今のところはそんなに高くないからです。ですから、辞めてしまう人が多いのです。しかし、それでもこれからは期待できます。国も対策をすることが決定しています。

おすすめ情報