介護福祉士というものは、これからかなり期待されている職業です。現状、とにかく人が足りていないのです。

持ってても邪魔にならない介護福祉士
持ってても邪魔にならない介護福祉士

介護福祉士というものはかなり

持ってても邪魔にならない介護福祉士
介護業界というものは、とにかく人手不足です。ですから、一番簡単である介護職員初任者研修の資格者であってもそれなりの需要があるのです。介護福祉士という資格であれば、さらにとても需要が高くなります。しかし、国は、介護の資格として、介護福祉士に一本化しようとしているのです。しかし、その就労条件などから、資格を持っていても、福祉職に就かない者も多いです。そのあたりの問題を解決する必要があります。はっきりいって、給料が安いのです。ですから、それを解決することが国に求められている、ということになります。ちなみに言うまでもありませんが、国家資格ですから、しっかりと試験を受けることになります。しかし、それでもそんなに難しいことではありませんから、安心してよいです。

ですが、受験資格がかなり難しいです。実務経験三年、というものがあるからです。これがなかなか難しいことになります。しかし、だからこそ、価値がある資格、ということになります。ですが、給料はそこまで高くないのです。それでもこれからは期待できるものですから、取得を目指すことはよいことであるといえます。これからは介護業界は伸びることが確定的なことなのです。

おすすめ情報