介護福祉士というものは、これから需要がどんどん高くなることがとても強く予想されているものなのです。

持ってても邪魔にならない介護福祉士
持ってても邪魔にならない介護福祉士

介護福祉士というものは

持ってても邪魔にならない介護福祉士
これから介護の仕事というものは、どんどん増える予想になっています。ですから、とにかく資格を持っている人がかなり貴重になります。その一つが介護福祉士というものです。介護学校にいっていたりしますとそのまま卒業と共に資格が得られるわけですが、それでも試験はします。あくまで実技が免除されるだけです。それでも確実に介護の仕事をして、一生を生きていく、というのであれば、介護の学校に行くことはお勧めできます。しかし、普通に受験をしようとしますと、意外と大変な受験資格があります。介護福祉士というのは、国家資格なのですが、受験資格に実務経験、というものがあるのです。それが三年です。介護実務経験三年年以上。正確にいいますと1095日、という決まりがあるのです。そして、その上で、実働日数が540日以上、という制限があります。

ですから、少なくとも知識があっても、すぐ得られる資格ではない、ということになります。これをよく覚えておくことです。ちなみに、はっきりいって人手不足です。介護業界というのは、とにかく人手不足ですから、給料の多寡はともかくとして、資格があれば、仕事はいくらでもあるのが現状になっているくらいです。