介護福祉士というのは、国家資格ですが、実は独占資格ではないのです。よく覚えておくことです。

持ってても邪魔にならない介護福祉士
持ってても邪魔にならない介護福祉士

介護福祉士というものは

持ってても邪魔にならない介護福祉士
介護福祉士というのは、言うまでもなく、要するに介護をする人です。そうした資格を持っている人です。ケアワーカーと呼ばれることもあります。実は、国家資格ではありますが、これがないとできない、ということはないです。つまりは、介護福祉士という名称はあくまで資格を持っていないと名乗ることができないわけですが、業務を独占することができる資格ではない、ということです。独占資格としては医者なんかが有名です。医療行為は医師のみに許されたものです。ちなみに、平成27年度に改正されています。それは、介護福祉士養成施設修了者であっても、試験が義務付けられる、というものです。要するに学校にいっても試験は受けること、ということです。但し、実技は免除されることになっています。仕事先なのですが、非常に多種多様です。

言うまでもありませんが、介護施設、つまりは、特別養護老人ホーム、介護老人保健施設なんかが多いですし、デイケアセンターなどもあります。とにかく介護を望んでいる人、ということで障害福祉にも用いられることがあります。要するに、介護福祉を必要としているところにはどこにでもいく、ということです。どこにでも需要があるわけです。

おすすめ情報