介護福祉士はこれからのホープだと思います。本当にこれからの時代に必要不可欠な存在であると思います。

持ってても邪魔にならない介護福祉士
持ってても邪魔にならない介護福祉士

介護福祉士はこれからのホープだと思います。

持ってても邪魔にならない介護福祉士
介護福祉士はこれからのホープだと思います。本当に高齢化の波がひたひたと迫ってきているのです。その波に立ち向かうのが介護の仕事だと思います。実際に、老老介護などの問題も大きく扱われる時代になってきています。そういう時代だからこそ、自分一人で抱えるのではなく、社会全体で面倒をみる時代になって来ているのではないかと思うのです。そのための急先鋒が介護福祉士ではないかと思うのです。その役割は非常に重要であると考えているのです。実際に、数多くの老人ホームやデイケア施設ができているのです。その施設には必ず必要になる人材なのです。

実際にこれからの高齢化の時代に欠かすことのできない価値ある仕事ですが、その意味についてじっくりと考えている人はそれほど多くないと思うのです。それは、社会全体の問題でもあると思います。当事者意識が少ないということが非常に大きいのではないかと考えているのです。そういう時に先頭に立って仕事をする介護福祉士の姿が何かを教えてくれるような気がするのです。そういう意味から考えても、大切な仕事なのです。仕事に従事している人も、これから目指している人も、その点をもっと誇りに思って欲しいと思います。

おすすめ情報