介護福祉士試験に合格するための、効率的な学習方法とその要点となるポイントについて解説してみました。

持ってても邪魔にならない介護福祉士
持ってても邪魔にならない介護福祉士

介護福祉士合格のための学習方法

持ってても邪魔にならない介護福祉士
介護福祉士を目指している方に、合格するために最も効率の良い勉強方法について解説してみたいと思います。そのポイントは問題集を中心に学習を進め、テキストは参考書程度に利用するということに付きます。もし介護福祉士に関する知識が全くない方が、0から勉強を始めようという場合でも同じことです。問題集から始めるようにしてください。初めての方であれば、もしかしたら最初の一問目から、言葉の意味がわからなくて戸惑うことになると思いますが、それでも構わず問題を解いてみて正解不正解をチェックしていきます。そして解説を読みますが、これも言葉の意味が分からなくて戸惑うことになるかもしれません。そこまできて初めてテキストを開きます。でもテキストを頭から読むようなことはせず、自分が分からなかった部分について解説されているページを読むようにします。

そこにもわからないことが出てきたら、そのわからないことが解説されているページを探しましょう。この勉強方法の要は2つです。まずテキストを中心に勉強すると、テキストは試験の全範囲を網羅して解説しているため、例えば、過去一度出された内容で、ずっと何年も試験に登場していないようなものも解説していることが多いからです。限られた時間の中で効率よく勉強するのは過去問が一番だと言えるでしょう。また先に問題に取り組むのは、疑問を持ってそれを調べるというスタイルが最も記憶に定着しやすいためです。ぜひ問題集を中心に勉強して合格を勝ち取ってください。

おすすめ情報