介護の専門家たる介護福祉士は、介護度の低い高いに関わらず、その人の状態を把握しての介助が出来る専門家です。

持ってても邪魔にならない介護福祉士
持ってても邪魔にならない介護福祉士

介護福祉士の仕事とは

持ってても邪魔にならない介護福祉士
介護福祉士の仕事とは、俗に言うホームヘルパーの職務と同じような仕事をする訳ですが、キャリアが長いと共に、介護の専門家として国家で認められた人材の人を言うのです。高齢者の介護も様々です。介護度も程度の軽い場合もありますが程度がかなり思い場合もあるのです。その介護度が高い、寝たきりの状態の高齢者に対しても、同じように快い、適切な介助を提供できる人材を介護福祉士と呼びます。介護度の低い高いに関わらずに、その人の程度と状態を心得た上で、介護に当たれる専門家の人を言うのです。ベッドから一人で車椅子に移動できない場合も、適切な手順を持って、高齢者に傷つける事無く、体に異常を来すことなく出来るのです。

単に介護と言っても、高齢者に気を配りながらも自分にも気を配り、そして他の高齢者にも気を配りながらの介護をする必要があります。それらをしっかりと介護出来るのが介護福祉士です。食事介助としても、それぞれ違いがあります。一人で食べられる高齢者にも気を配る必要があると同時に、一人で食べられない高齢者には食事介助が必要となります。きちんと食べているか、変なものを呑みこんでいないか、口の中に残っていないかなどを注意深く観察しながらの介助が要求されるのです。そして、何より、食べやすく、飲み込みやすくと言う事を考えながら食事介助をする事が要求され、満足感を与える事が重要な仕事なのです。

おすすめ情報