高齢者介護として国家に認可された人を介護福祉士と呼んでいます。ヘルパーを3年経ての資格取得となります。

持ってても邪魔にならない介護福祉士
持ってても邪魔にならない介護福祉士

高齢者介護のプロたる介護福祉士

持ってても邪魔にならない介護福祉士
高齢者に対しての介護能力が国家で認可したと言う資格保持者を介護福祉士と呼んでいます。つまりは市町村で認可された要介護の高齢者に対して、専門の知識と技術を持って介護に当たれる人の事を言うのです。ホームヘルパーと言う人材もいますが、それと同じような職務内容ですが、そのホームヘルパーを3年以上の経験を積んでいる人が資格を取得できると言うものです。ある意味では、職務経験のない未経験の介護を目指す人材にも介護の知識や技術を指導できると言う人材でもあるのです。高齢者にも様々な状態がいます。誰でも同じように扱えると言う事ではなく、その人に合わせた介護の方法があるのです。

それらを把握して、適切な介護サービスを提供すると言うのが介護福祉士の仕事である訳です。朝起きてから、夜寝るまで、またはその後、朝起きるまでの高齢者に対してのサービスを行います。排泄介助、そして食事介助、入浴介助などがあります。他にも様々なありますから、その都度、高齢者を見守りながら、状態を把握し、その状態に応じた介助をするのが仕事になるのです。体のお世話ばかりに留まらず、如何に、一日の生活の中で高齢者を楽しませるような事をも行わなくてはならないのです。つまりはレクリェーションも加えて、一日を楽しく過ごしてもらうためにサービスを行うと言うのが介護福祉士の仕事である訳です。

おすすめ情報