ホームヘルパーを3年以上の経験者が資格を取れる介護福祉士、特殊な専門家で高齢者に対して社会から認可されている。

持ってても邪魔にならない介護福祉士
持ってても邪魔にならない介護福祉士

介護の専門家たる介護福祉士

持ってても邪魔にならない介護福祉士
俗に高齢者の介護を行う人をホームヘルパーと言いますが、そのホームヘルパーの経験を3年以上経過し、国家資格を取得した人を介護福祉士と呼んでいます。つまりは介護経験が一定した期間ないとなれない資格者と言う事になるのです。大凡、介護に関して、3年ほどの期間を経験した人ならば、高齢者に対しての必要なサービスを専門的な分野から対処できる人材として社会から認可された人材と言う事になるのです。職務内容はホームヘルパーと殆ど変らない内容となるのですが、経験実績が長期に亘り、またその分野としての専門家でもありますから、熟知していると言う事になります。大凡高齢者に対しての日常的なサービスは様々な角度から身に着けていると言う人材であるのです。

高齢者の介助としても、単に見守りしていれば良いと言う訳ではないのです。場所から場所への移動、そして食事介助、排泄介助と言うのは、いきなりやって、そう簡単に出来るものではないのです。適切な手順もあれば、その手順にて高齢者を守ると言う意味でも、生きている高齢者に傷つける事無く、丁寧安心、安全に務める事が要求されるのです。それを一日中、見守りする必要がある訳ですから、常に気を配っている必要があります。それ故に特殊な専門家と言う意味合いもあるのです。高齢者に関して、どういう表情で体の調子が良いのか悪いのかさえも観察する必要があるのです。しかも、それを踏まえた上で、高齢者の環境も整える必要があり、楽しい時間を提供すると言うのも介護福祉士の仕事であるのです。

おすすめ情報