高齢者に快いサービスを行う専門家たる介護福祉士です。国家資格であるために介護の経験3年間を必要とします。

持ってても邪魔にならない介護福祉士
持ってても邪魔にならない介護福祉士

高齢者の専門家となる介護福祉士

持ってても邪魔にならない介護福祉士
介護福祉士と言う資格は高齢者に対して快いサービスを行う専門家です。俗に言うホームヘルパーと言う資格よりも上の資格保持者となります。ホームヘルパーは講習などを行い課程を修了すれば資格取得できますが、その上の地位となる介護福祉士は、ホームヘルパー取得後実績を必要とする資格なのです。いわば国家資格となるのです。ホームヘルパーの資格取得より実際に経験を積んで後3年の経験を必要とします。その後試験を受験し合格すれば、晴れて介護福祉士としての資格を取得できるのです。もちろん現在の高齢者増加に伴い介護福祉士の需要は高まりつつあります。高齢者に対して、如何に日々安楽に過ごして戴けるかと言う事を常に考えての資格になっています。

介護のプロ的存在でもある介護福祉士です。ひとりでは何も出来ない高齢者に対して、何から何まで誘導するように応対するのです。朝起きる前の排泄介助があります。単に処理すれば良いと言う訳ではないのです。順序ももちろんありますし、排泄物の内容も確認する必要があるのです。つまりは生きている人のそれがバロメーターであるからです。排泄物から食事と体の状態まで推測する事が出来るからです。その時に介護用品についても知識が必要となります。様々な介護用品がありますから、高齢者に対して相応しい用品を選ぶと言う事も必要になってくるのです。他にも着替えなども高齢者に対して心配りが必要となるのです。

おすすめ情報