介護福祉士と言うのは高齢者に対しての特別なる専門家の事を言います。一人では何もできない高齢者の福祉士です。

持ってても邪魔にならない介護福祉士
持ってても邪魔にならない介護福祉士

介護の専門家である介護福祉士

持ってても邪魔にならない介護福祉士
介護福祉士とは、高齢者に対しての日常のお世話をする専門家です。ひとりでは出来ない高齢者の方々に対して食事の介助や様々なところでの見守り、それに気配りや環境を整えたり、排泄のお世話など、大凡、高齢者に日常的にも安楽な時間を過ごして戴けるように、支えになったりサービスをしたりする専門家の事を介護福祉士と呼んでいます。特殊な資格です。簡単になれると言う資格ではないのです。つまりは国家資格保持者なのです。この介護福祉士としての資格は同じ職種のホームヘルパーの資格を持ち、その資格を持って実際に介護の経験を持たないと資格は取得できないようになっています。

ホームヘルパーとしての資格を取得し、介護の経験を積み、以降3年の実績を必要とします。高齢者の朝の始まりである排泄の処理、そして着替え、そしてベッドから車椅子への移乗、そして朝食に至るまで、高齢者に対して、どういう動きとサービスが必要なのかと言う事が重要になって来ます。これ全てに順序があり、動きがあり、離し掛けなどがあります。高齢者に対して不快な思いはさせられず、常に笑顔で接する事が必要なのです。一人では身動きできない高齢者に対して、動かさなくてはならないのです。それらをしっかりと学び、技術を磨き経験を重ねての介護福祉士です。かなりの知識を必要とするのです。

おすすめ情報