介護福祉士という言葉を聞いたことがある人は多いかと思います。ではどんなことをするのかを説明していきます。

持ってても邪魔にならない介護福祉士
持ってても邪魔にならない介護福祉士

介護福祉士はどういう仕事をするのか?

持ってても邪魔にならない介護福祉士
介護福祉士という仕事を知っている人はどのくらいいるでしょうか。この国は少子高齢化が進んでおり、この仕事の重要度は増していると思います。では介護福祉士になるとどういう仕事をするかというと、お年寄りや障害を持っている人など体が自由に動かすことができない人の介護をする仕事になります。トイレの始末などをしなくてはいけないと避けられている仕事であるのは事実だと思います。ただ、それだけが介護の仕事に就く人が少ない理由ではありません。

介護の仕事は人手不足が深刻になっています。その要因は体を使うきつい仕事であるにもかかわらず、その対価である給料が安すぎるという問題を抱えているからになります。高齢者でも体を起こそうとすると、かなりの力が必要になります。デスクワークなどと比べると、圧倒的にキツイ仕事ということができると思います。この問題は国として改善していくことが必要とされます。仕事は余っているので、資格さえ取得してしまえば一生仕事に困ることはないと思います。人の世話をすることが好きな人や困っている人を助けたいという気持ちを持っている人には挑戦してみて欲しいです。この仕事は感謝されることが多いので、やりがいは多くあると思います。

おすすめ情報