介護福祉士は主に高齢者で介護を必要としている方の、日常生活や入浴、外出などのお手伝いをします。

持ってても邪魔にならない介護福祉士
持ってても邪魔にならない介護福祉士

介護福祉士は施設や病院、訪問サービスなどに勤めています。

持ってても邪魔にならない介護福祉士
介護福祉士とは、昭和62年に5月末に出来た国家資格です。介護に携わる専門的な知識や技術を持ち、身体や精神的に日常生活をお一人では過ごすことが難しい方達の、状態に合わせて介護をし生活を支援します。又、介護をするご家族に介護の行い方など、相談にのって教えます。介護福祉士になるには、養成施設(大学・短大・専門等)を卒業するか、3年以上介護施設などで仕事をしていた人など、条件をクリアすれば介護福祉士国家試験を受けて合格すればなれます。

介護福祉士の勤め先は病院や行政関連などありますが、高齢者系の施設や訪問サービスなどが多いです。高齢者系の施設は長期の入所で介護の必要度が高い、介護老人福祉施設、リハビリに力を入れる介護老人保健施設、有料老人ホームなどがあります。自宅に住んで日帰りで利用するデイービス、リハビリも行うデイケアや、自宅に訪問する訪問介護など色々あります。仕事をする上で利用する方とのコミュニケーションや、安心して介助が出来るように技術の向上が求められます。

介護施設は休みの取り方や出勤の体制が不規則のため、2、3年で辞めてしまう方も少なくありません。高齢化が進むのでこれからも、介護の必要な方が増えていきます。介護の勤務状況が改善されて、介護福祉士を目指す方が増えて頂きたいです。

おすすめ情報