私は介護福祉士の資格を取得しております。私が受験した時の勉強方法について書きたいと思います。

持ってても邪魔にならない介護福祉士
持ってても邪魔にならない介護福祉士

介護福祉士の勉強方法

持ってても邪魔にならない介護福祉士
私は介護福祉士の資格を取得しております。数年前に介護福祉士の資格を取得するために受験したのですが、その時の勉強方法について書いていきたいと思います。まず、介護福祉士の知識の範囲はなかなか広く、得意なものもあれば、不得意なものまで必ずあると思います。まず、私は得意な分野を中心に勉強するようにしました。最初から不得意で難しい分野をやると、気分的に辛くなりそうだったので、得意なところから始めて、それで勢いをつけようとしました。

不得意な分野は、なかなか頭に入りづらかったので、とにかくギリギリに頭に詰め込む方法にしました。限度はあるので、勉強しているうちにギリギリで頭に詰め込むものを決め、他は頑張って頭に入れるようにしました。普段の生活の中で勉強をしたかったので、トイレに覚えるものを貼り紙したり、嫁に問題を急に出してもらったりなどしておりました。そのようにすると、結構頭に入りやすかったです。また、筆記が合格すると、実技があります。実技はとにかく実際にやってみるのが一番でしょう。ご利用者に協力してもらったり、嫁にご利用者のモデルになってもらい実技の対策をしました。勉強は久しぶりにするふと、楽しかったです。今度はケアマネージャーの資格取得を目指しております。

おすすめ情報