通っている大学の実習で、介護福祉士さんの1人の女性の方の話を聞いていろいろ勉強になりました。

持ってても邪魔にならない介護福祉士
持ってても邪魔にならない介護福祉士

介護福祉士さんの話を聞いて

持ってても邪魔にならない介護福祉士
私は今国公立大学の社会福祉の学部に所属している大学生です。もともと私は文系で、どのような職業が自分に向いているか高校生の間にずっと模索をしていました。学校の先生や普通のサラリーマン、経済に関する仕事や法律に関する仕事など文献の人は様々な職業に就く可能性があります。その中でも私は、医療系の仕事に自分が向いているのではないかと思い大学では福祉の勉強を専攻したいと思ったのです。私は家族がみんな医療系の仕事しているので、それもきっかけの1つになりました。私が取りたい資格は社会福祉士と精神保健福祉士と介護福祉士です。どれも将来福祉の世界で働くにはとても重要な資格になってきます。

以上の勉強していると、当然現場を見て経験するための実習などがあります。実習先では、私が取りたい資格を既に持っている方々たちが実際の現場で働いています。介護福祉士さんの1人の女性の方と私は実習でお話しする機会がありました。患者さんや利用者さんのために自分が持っている知識や力を全て出さないといけないことの大変さを語ってくれました。それと同時にやりがいの感じられると言っていました。私は実習で話を聞いて、営業の仕事がやっぱり自分に向いているんだなと再認識しました。

おすすめ情報