介護福祉士になるには、介護福祉専門の学校に通うかあるいは、介護実務経験3年以上行うことで受験資格を得ます。

持ってても邪魔にならない介護福祉士
持ってても邪魔にならない介護福祉士

介護福祉士の魅力とは

持ってても邪魔にならない介護福祉士
介護福祉士を持っていると特別養護老人ホームや老人保健施設、デイケアセンター、障害者施設で勤めることができます。超高齢社会になっている現在、介護福祉士はとても重要な役割をしています。この資格を取得するには、介護福祉士の専門学校に通ったり、介護実務が経験3年以上あると受験資格を取得することができ、最終的に試験に合格すると取得できます。また、時間が忙しい人でも通信教育などでも勉強をすることもできます。あるいは中には、福祉施設で働きながら介護福祉士の学校に通っている人もいるはずです。介護の経験をしつつ、勉強するということは、かなり介護の力がつくと思います。

全く介護の経験がない人でも、介護実習や、人とのコミュニケーションの取り方など介護について基礎から学ぶので、安心して勉強することができます。また、介護初任者研修などと違い資格を持っていることで、給料にも影響が出てきます。資格を持っていると優遇があったりするので損ではありません。そして、利用者にとってもこの人はしっかり介護の勉強をしているという証明にもなりますし、利用者側も安心して身を任すことができるはずです。お互いに信頼関係を作ることができます。

おすすめ情報