私の施設では、介護福祉士を増やすために、まだ介護福祉士ではない人達へ、勉強などを教えております

持ってても邪魔にならない介護福祉士
持ってても邪魔にならない介護福祉士

介護福祉士の育成のために

持ってても邪魔にならない介護福祉士
私は介護の仕事をしております。数年前に介護福祉士の資格を取得しております。今の介護施設では、介護福祉士を増やそうという考えがあり、仕事以外の時間でも施設の一室を借りて、そこで勉強などが出来ます。実際に私も講師として、後輩に教えたりもしております。暗記というよりも知識として身につけて欲しいという考えから始まりました。知識として身につければ忘れることも少なく、筆記試験も出来るのではないかという考えです。ちなみに今まで数年間、講師をしておりますが、合格率は9割くらいです。私が教えているからということではなく、施設全体でやっているというのが良い事なのでしょう。

実技の試験の時期には、私達が御利用者を演じ、色々なパターンで実践しております。最初はただやりながら説明しているだけなのですが、後半は実技試験と同じような感じで行います。実技試験は緊張のあまり、失敗してしまう事が多いです。なので、その雰囲気に慣れて落ち着いて出来るように、試験と同じような感覚で実施しております。実技試験は今までで落ちてしまった人はいません。そして試験の当日は、先輩達が応援するため、近くの駅で送り出しもしております。本人達にはプレッシャーかもしれませんが、介護施設の全員で毎年、戦っております。

おすすめ情報