私は介護福祉士の資格を取得しております。介護福祉士になって良かった事なんて、正直一度も経験しておりません

持ってても邪魔にならない介護福祉士
持ってても邪魔にならない介護福祉士

介護福祉士になっても良いことない

持ってても邪魔にならない介護福祉士
私は5年ほど前に介護福祉士の資格を取得しております。それから、介護福祉士を取得したからと言って、何か優遇されているかと言われると、そのような経験はしておりません。多少はお給料が上がりましたが、国家資格の介護福祉士を取得しても、これだけしかお給料が上がらないのかとガッカリしたことはあります。3000円しか上がらなかったのです。資格受験などのお金は自己負担ですので、お給料だけ見るとバカバカしいなと思ってしまいますよね。なぜ、このようなことが起きてしまっているのでしょうか。

それは簡単に介護福祉士の取得が出来てしまうからでしょう。筆記試験も簡単でした。なので、国家資格なのに簡単な介護福祉士は持っていて当たり前。そのような感覚が現場にはあります。なので優遇されないのでしょう。私自信も一度も介護福祉士を取得して良かったと思ったことは一度もありません。自己満足は経験しておりますが、それだけです。生活が良くなったなんて事はありません。しかし、今のこの状況で唯一、持っていて良かったと思う機会は介護施設を移るときでしょう。同業者への転職の際には役に立つと思います。結局はそれによって人手不足を促進させてしまっていると私は思うのですが。あまり良い事はないのですが、これから介護に関して、色々と変わってきます。この介護福祉士のあり方もそうです。今、とても前に進んでいる介護業界。これからに期待しております。

おすすめ情報