介護福祉士へのニーズや関心は非常に高まっています。この資格を取得することで様々なメリットを得ることができます。

持ってても邪魔にならない介護福祉士
持ってても邪魔にならない介護福祉士

介護福祉士とは、それを取得するメリットは?

持ってても邪魔にならない介護福祉士
現代社会は少子高齢化という大きな問題を抱えています。そのため高齢者に対する福祉サービスの拡充の必要性は社会的に広く認められるようになってきましたが、人手不足などの理由から、そのサービスが十分に行われていない実態も少なからずあります。そのため、高齢者福祉に携わる専門家の増員が社会的に求められるようになってきましたが、介護福祉士もその中の一つとしてニーズや関心が現在とても高まっています。

介護福祉士の資格を取得するための試験は、介護福祉士養成課程を卒業したものか、3年の実務経験のある者のみが受験することができます。試験は年に一回で、筆記試験と実技試験によって構成されます。合格率は4割から6割程度で比較的難しい資格だといえます。

介護福祉士の資格を持つということは、自信の介護における専門性の高さが証明されたということを意味します。一方で同時に、その資格に見合った知識や能力を身につける努力が求められます。介護福祉士の資格を持つことによる実際的なメリットとしては、給料があがるなど待遇の改善が得られる場合もあります。また他職種の同僚や後輩の介護職員に対する指導的立場に立つことも求められる場合があります。

おすすめ情報