介護福祉士は国家資格のひとつで、これからの高齢化社会に必要な存在です。その資格を取得するには?

持ってても邪魔にならない介護福祉士
持ってても邪魔にならない介護福祉士

介護福祉士を目指してみよう!

持ってても邪魔にならない介護福祉士
介護福祉士は、介護のプロとして専門的な知識や優れた技術を持って、高齢者や障害者の生活をサポートする役目をしています。名称独占の国家資格で、主に老人ホームや福祉施設などで活躍しています。この資格を取得するには、専門店を卒業するか実務経験が3年以上ある人には試験を受ける受験資格が与えられるので、試験に合格者することが必要になります。試験は筆記と実技がありますが、合格率は半分ほどとなっています。その道のりは大変で、それでも他の職種よりも離職率が高いことから、仕事内容が厳しいのに低賃金だと言われています。

試験勉強法はそれぞれですが、通信教育を利用したりスクールに通ったり独学で勉強したりします。私は独学で勉強して見事一発で受かることが出来ました。自分できちんと時間などを決めて計画的に出来るのであれば、独学で勉強することをおすすめします。費用も他に比べて安く済みますし、自分に合った勉強法で進められます。実技試験はとにかく実践して、実際に身体を動かしながらDVDや動画を確認しながら何度も練習するのみで、本当に基本に忠実に取り組めば合格出来ます。

平成27年から法令が改正され、450時間の研修を受けていることが受験資格に加わるなど条件が変わってしまうので、その前に資格を取得しておくといいかと思います。

おすすめ情報