介護福祉士試験の実技試験は5分です。設定内容に応じて実際に介護をするもので、焦るとタイムオーバーになります。

持ってても邪魔にならない介護福祉士
持ってても邪魔にならない介護福祉士

介護福祉士試験の実技試験

持ってても邪魔にならない介護福祉士
自動車運転免許において、実技試験は非常に難しく、緊張すると言われます。試験会場に教習場と同じような試験施設があり、クリアするようになっています。こちらについては毎回大体試験内容は同じでしょう。ですからそれらのことができるようになっていれば実技をクリアできます。でも少しでもミスをしたら減点されてしまうことがあります。実技試験がある場合、事前に大体内容がわかっていることもあれば、直前にならないとわからないこともあります。

介護福祉士の試験では実技試験があります。筆記試験に合格した人に課せられるものです。内容としてはどんなものかです。実技をするのに要するのは5分以内となっています。試験問題としてはある条件設定のもとで適切な介護をすることが求められます。実際にそのモデルとなる人がいて、その人に声をかけたり、起こしたりしながら決められた介護をすることになります。時間があればできることでも5分以内とのことで時間オーバーになってしまうこともあるようです。

試験の内容については、幅広く介護の現場に携わっていればそれを応用すればいいのでしょう。教科書通りの問題があって教科書通りの回答をすればいいわけではありません。時間内にすることも大事ですが、一つ一つの動作を的確に行うことも大事です。

おすすめ情報