介護福祉士では、実務経験が必要になります。介護実務に該当しないものとして相談員や医師などがあります。

持ってても邪魔にならない介護福祉士
持ってても邪魔にならない介護福祉士

介護福祉士において実務経験範囲に注意する

持ってても邪魔にならない介護福祉士
国家資格において、実務経験を持って資格が得られることがあります。税理士などは試験自体が非常に難しい試験とされています。晴れて合格したらすぐに税理士登録できるわけではありません。実務経験をして初めて登録ができ仕事ができます。ただしこの資格の場合は実務経験は試験合格後でなくてもいいとされます。勉強しながら税理士事務所などで積むことで合格後早々に登録することも可能です。他の資格の場合は合格後の実務経験を必要とするものもあります。

実務経験がいるものにおいては、それが該当するのかどうかになります。少しでもあればいいものならいいですが、数年必要なものの場合、該当しなければ別途実務をしないといけなくなります。介護福祉士においては受験資格の段階で実務経験が必要とされています。社会福祉施設において仕事をしていればだいたい該当するのですが、職種によっては該当しない場合があります。ですからそれらの職種の人が受ける場合には注意が必要です。

福祉施設において、相談などの業務は実務にはなりません。また理学療法士、作業療法士、医師、看護師、介護支援専門員なども該当しないとされています。法人の代表者であるだけでもダメです。実際に介護の業務をしていれば該当となります。