介護福祉士は合格率が50パーセント程度になっています。確実に合格するなら対策のために学校に通います。

持ってても邪魔にならない介護福祉士
持ってても邪魔にならない介護福祉士

介護福祉士の合格率を知っておく

持ってても邪魔にならない介護福祉士
資格試験においては合格率が発表されるものがあります。受験生に対してどれくらい合格者がいるかを示したものです。それぞれの試験においていろいろな思惑があるので単純には比較できません。司法試験は新司法試験になってから合格率を引き上げようとしています。ですから過去の数字と比較することはできないでしょう。またある試験に関しては常に合格率を一定に保つように調整されています。こういった試験なら参考にして勉強ができます。

福祉関係の資格として人気があるものに介護福祉士があります。こちらについてはどれくらいの合格率になっているのでしょうか。現在のところ大体50パーセント以上にはなっているようです。50パーセントを少し切ることもあれば60パーセントを超えることもあります。国としては介護に関する資格を持っている人を出来るだけ多く出したいと思っているはずです。かと言って合格率を上げ過ぎるとレベルの低下につながってしまいます。

今のところはだいたい受験生の半数近くが合格していると言っていいようです。自分自身で確実に合格をしたいのであれば、試験対策の学校に通ったり通信教育をした方がいいです。実技が免除される方法も取るべきでしょう。

おすすめ情報