介護福祉士は、介護技術講習を受けるようにします。実技試験を受けずに済むので、合格可能性が高まります。

持ってても邪魔にならない介護福祉士
持ってても邪魔にならない介護福祉士

介護福祉士では介護技術講習を受けておく

持ってても邪魔にならない介護福祉士
自動車の運転といいますとまずは交通法規を知る必要があるでしょう。信号や標識がわからなければ大変なことになります。これらについては自動車学校などで机上で勉強することになります。更に重要な事としては運転技術があります。自動車は自動的に動いてくれませんから一定の操作が必要です。それができなければ思うように操れません。試験としては実技と筆記が必要ですが、認定の教習所で修了すれば実技は免除されるようになっています。

資格においては知識のみを問うものもあれば一定の実技も加えて判定するものもあります。試験ですから必ずはありません。せっかく知識部分の筆記試験は通過したのに実技の部分で緊張をして通過できないとなるともったいないです。介護福祉士においては、試験は実技試験と筆記試験で構成されています。まず筆記試験があり、これに合格した人が実技試験を受けそれに合格すれば合格できるようになっています。実技で落ちたらもったいないです。

そこで介護技術講習と呼ばれるものを事前に受けておきます。所定の専門学校において開講されているもので、これを受けて終了すれば実技試験は免除になります。筆記試験で合格が決まった時点で無事合格になるのです。

おすすめ情報