介護福祉士の試験において、受験条件が変わります。実務経験3年以上のみから研修が加わるようです。

持ってても邪魔にならない介護福祉士
持ってても邪魔にならない介護福祉士

介護福祉士試験の受験条件が変わる

持ってても邪魔にならない介護福祉士
国家試験、国家資格においては受験条件や受験資格が設けられることがあります。全く設けられていなくて誰でも受験できるものもあれば、別の資格を持っていないといけなかったり大学卒業資格が無いといけないなど厳しいものもあります。そういった条件や資格は時代によって変化することがあります。社会における資格取得者の役割が大きくなると、より厳しくすることもあります。それによって資格取得者のレベルもアップすることにはなります。

介護福祉士において、現在の受験資格として学校を卒業してから実務経験が3年以上となっています。単に知識や技術を得るだけでなく、それらを実際の現場で使ってものにした人でないと受験ができません。資格の中には資格を取得するだけして使われないものもあります。使われないと突然その人が資格者として働こうとしても十分知識がないかもしれません。3年以上も実務経験をしていれば合格をした後もその経験が身についている可能性があります。

この受験資格ですが、将来的に更に厳しくなると言われています。実務経験3年以上に加えて、養成研修を450時間受けないといけないとされています。実務経験を得ている人は厳しくなる前に受験したほうがいいでしょう。

おすすめ情報