介護福祉士の資格というものは、実務経験が必要になりますから、実はかなり大変なものなのです。

持ってても邪魔にならない介護福祉士
持ってても邪魔にならない介護福祉士

介護福祉士の資格というものは

持ってても邪魔にならない介護福祉士
介護福祉士というものは、資格を取るために試験を受ける必要があります。言うまでもありませんが、これには受験資格が必要になります。ですから、大変なのです。まず、介護学校などを卒業している、ということが一つの条件になります。もう一つは介護の実務経験が三年ある、ということです。実務経験は証明書を出してもらう必要があります。要するに既にかなり介護の業界に足を突っ込んでいる人が取ることになる資格になります。この資格保有者というのは、実はかなり多く、そんなに少ないわけではないのです。しかし、それでも人手不足ですから、介護福祉士であれば、介護の仕事に困ることはありませんから、基本的には安心してよいです。そして、この資格試験はそこまで難しいわけではなく、はっきりいって、かなり簡単に取ることができます。

重要なのは受験資格であって、資格試験そのものは大したことがない、といってもよいくらいです。それでも介護資格としては中間地点のような資格ですし、かなり重要でもあります。ですから、国が不足しているのをどうにかして補おうとしているくらいです。しかし、なかなか上手くいっていないです。だからこそ、価値がある資格ということになります。

おすすめ情報