今後もっと需要が高まるであろう介護福祉士ですが、どのようにしたら取得できるのでしょうか。調べてみました。

持ってても邪魔にならない介護福祉士
持ってても邪魔にならない介護福祉士

介護福祉士取得への道

持ってても邪魔にならない介護福祉士
介護福祉士資格の取得方法といて、いくつかの方法があります。まず一つ目が大学や厚生労働大臣が指定した養成施設を卒業する方法があります。もう一つは介護現場で働き、所定の年数を経過して国家試験を受験をするといった方法です。学校で学ぶ方法から紹介したいと思います。

まず大学や養成施設に入学し、所定の単位や課程をクリアしたら大丈夫です。それぞれによって勉強期間が違いがありますので、どの学校が自分に合っているのかよく考える必要があります。時間も違えば学費も違ってくるので注意しましょう。次に介護現場で所定の期間経験を積んで受験する方法です。受験資格となる実務期間は従業期間3年以上、もしくは従事日数540日以上と定められています。いくつかの施設で従事した方に関しては合算して計算することができます。その期間をクリアしたら受験資格が発生しますので、そこから国家試験受験となるのです。試験には筆記試験と実技試験があります。筆記は毎日の勉強の積み重ねですし、実技に関しても日頃からきちんと介護されている方は問題なく取り組むことができると思います。しかし試験官の前で緊張するなというのは厳しいでしょうから、誰かに見てもらいながら練習をした方がいいかもしれません。

このように資格取得の道はありますので、経験のない方でも取得の道は開けます。チャレンジしてもいいかもしれません。

おすすめ情報