介護福祉士は介護を行う資格の名前です。資格取得の方法はいくつかあります。受験資格の変更に注意が必要です。

持ってても邪魔にならない介護福祉士
持ってても邪魔にならない介護福祉士

介護福祉士になるには

持ってても邪魔にならない介護福祉士
現在は高齢化社会です。高齢者が増加するため、介護に関する問題も頻繁に取り沙汰されています。そのなかで需要が高まっているのが介護福祉士の存在です。介護福祉士とは、主に介護を行っている人の資格名です。介護福祉士は国家資格であり、老人ホームなどの介護施設や、デイサービスなどの福祉事業所、病院で働いています。介護福祉士の資格を取得するためには、いくつかの方法があります。ひとつ目は厚生労働省の認可を受けた大学や専門学校に通い、資格を取得する方法です。この方法では実務経験は必要ありません。介護に関する専門知識を学校で勉強した上で国家試験に合格し、資格を取得できます。中には通信制の専門学校もあります。ふたつ目は実務経験3年以上で実務研修を受講し、介護福祉士国家試験に合格する方法です。受験資格は受験する年度によって変更することがあるため注意が必要です。

介護福祉士の養成学校では、介護の専門的な学習や、高齢者に多い認知症の知識、コミュニケーション技術などを学びます。さらに介護技術の校内演習や、実習もあります。学校によっては介護福祉士と同時に他の資格を取得できる学校もあります。これからの活躍が期待される介護福祉士、素敵な仕事です。是非目指してみてはいかがでしょうか。

おすすめ情報